ほおずきのプログラム お子様にこんな様子はありませんか?

がまんや、がんばることが苦手なお子様、コミュニケーションがうまくとれないお子様、集中力が続かない、じっとしていられないお子様 学んだことが定着しないお子様 こだわりが強く、一人遊びの多いお子様

そんなお子様に

「集団生活の中で生きる力を身につけさせる」を
療育のコンセプトとして

コミュニケーション能力の改善
社会性の向上

を教育理念とし、

日課
日課
学習
学習
運動
運動

「日課」「学習」「運動」
この3つの療育プログラム体系を軸に
軽度発達障がいのお子様が、「集団生活での自立」
に必要な訓練と、環境を提供します。

ほおずきの療育がなぜいいのか

ほおずきでは、「聴覚」「視覚」「触覚」を育て、言語的コミュニケーションと非言語的コミュニケーションの発達を促します。 ほおずきでは、「聴覚」「視覚」「触覚」を育て、言語的コミュニケーションと非言語的コミュニケーションの発達を促します。

発達障がいのお子様は、集団になじめかったり、暴言や自傷他害行動があったり、自己肯定感が低かったりすることから、対人関係においてストレスを感じることが多くなります。
それらは、脳機能の障がいによるもので、躾や育て方の問題で発症するものではりません。
そこで、ほおずきではお子様の脳機能の向上に必要な「聴覚」「視覚」「触覚」を独自の運動学習療育プログラムによって育て、対人関係を円滑にする上で大切な「聞く」「話す」「書く」「読む」等の言語的コミュニケーションと「身振り」「手振り」「表情」「声」や「想像、共感」といった非言語的コミュニケーションの発達を促します。
集団療育の場で非言語的コミュニケーションを理解し、使えるようになれば「我慢する」という社会性も身に付きます。
その結果、お子様の障がいによる困り感が緩和され、最終的には集団生活での自立につながっていきます。

プログラム内容の詳細

日課

SAQトレーニング
(例:ラダー、マット、ミニハードルなどを使ったサーキットトレーニング)
直写(文字をなぞる、書き写す) 
視知覚トレーニング(眼球運動) 
視写(手本とするものを見て書き写し)
音読
聴覚トレーニング
(聞いた言葉や数字を書く)
協応
かるた、百人一首など

学習

到達度テストを行い、本人の
学力などに合わせた教材選定をします。
国語(読み書き)、漢字、算数(計算)の学習。

学校の宿題を指導することもできます。

運動

  • 粗大運動(体を大きく使う動き)
  • コーディネーション・トレーニング
    (協応動作・コミュニケーション能力の改善)
  • 基礎感覚づくり(基礎運動能力の向上)

運動療育支援教室ほおずきでは、お子様の「集団生活での自立」に向け、すでに他の施設で実績のある療育プログラムを導入し、軽度発達障がいの「困り感」に対して効果的な支援を行います! 運動療育支援教室ほおずきでは、お子様の「集団生活での自立」に向け、すでに他の施設で実績のある療育プログラムを導入し、軽度発達障がいの「困り感」に対して効果的な支援を行います!

お申込みはこちら
無料教室説明会

「運動療育支援教室」とはどのようなことをするのか、
ほおずきがどのような考えで、皆様のお子様に療育を
ご提供しているのかをご説明いたしております。
まずは無料教室説明会にご参加下さい。

お申込みはこちら
教室見学お問合わせ

療育についてもっと詳しく聞きたい、教室の見学を
してみたい方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

詳しくはお問い合わせ下さい。

079-224-2803 メールでのお問い合わせ