発達障がいのお子様

発達障がいとは、脳機能の発達のアンバランスさにより、社会生活への適応が困難になる障がいです。
ADHD、学習障がい、自閉症、アスペルガーなどに分類されます。

がまんや、がんばることが苦手なお子様、コミュニケーションがうまくとれないお子様、集中力が続かない、じっとしていられないお子様 学んだことが定着しないお子様 こだわりが強く、一人遊びの多いお子様

そんなお子様に

ほおずきの運動学習療育は、集団行動が苦手なお子様や、落ち着きの無いお子様、コミュニケーションが苦手なお子様に幅広く対応した、症状を緩和するための療育プログラムです。
効果が実証済みの療育を行い、お子様の障がいによるお困り感を軽くすることを目指し、お子様の「笑顔」も増やします。

そんなお子様に

ほおずきの療育がなぜいいのか

発達障がいのお子様は、集団になじめかったり、暴言や自傷他害行動があったり、自己肯定感が低かったりすることから、対人関係においてストレスを感じることが多くなります。
それらは、脳機能の障がいによるもので、躾や育て方の問題で発症するものではりません。
そこで、ほおずきではお子様の脳機能の向上に必要な「聴覚」「視覚」「触覚」を独自の運動学習療育プログラムによって育て、対人関係を円滑にする上で大切な「聞く」「話す」「書く」「読む」等の言語的コミュニケーションと「身振り」「手振り」「表情」「声」や「想像、共感」といった非言語的コミュニケーションの発達を促します。
 集団療育の場で非言語的コミュニケーションを理解し、使えるようになれば「我慢する」という社会性も身に付きます。
 その結果、お子様の障がいによる困り感が緩和され、最終的には集団生活での自立につながっていきます。

ほおずきの療育がなぜいいのか ほおずきの療育がなぜいいのか

お子様の困り感を周囲に説明してもなかなか
伝わらない、お子様のために何かしてあげたいが、
どうしたらいいか分からない、
「早期発見・早期療育」とは聞くけど
具体的に
何をすればいいのか不安…という皆様の気持ち。
「ほおずき」の運動学習療育特化型放課後等
デイサービスに任せて下さい!
専門のスタッフによる運動学習療育でお子様の
成長のお手伝いをさせていただきます。

ADHDのお子様
ADHDのお子様
学習障がいのお子様
学習障がいのお子様
自閉症のお子様
自閉症のお子様
アスペルガー症候群のお子様
アスペルガー症候群のお子様
お申込みはこちら
無料教室説明会

「運動療育支援教室」とはどのようなことをするのか、
ほおずきがどのような考えで、皆様のお子様に療育を
ご提供しているのかをご説明いたしております。
まずは無料教室説明会にご参加下さい。

お申込みはこちら
教室見学お問合わせ

療育についてもっと詳しく聞きたい、教室の見学を
してみたい方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

詳しくはお問い合わせ下さい。

079-224-2803 メールでのお問い合わせ